-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-10-02 18:37 | カテゴリ:The 24th Street Band
さて、The 24th Street Band ~24丁目バンド~ のファースト・アルバム The 24th Street Band です。

The 24th Street Band / The 24th Street Band

ギターが Hiram Bullock ~ハイラム・ブロック~、キーボードが Clifford Carter ~クリフォード・カーター~、ベースが Will Lee ~ウィル・リー~、ドラムが Steve Jordan ~スティーヴ・ジョーダン~ というメンツのバンドです。これほど Crossover ~クロスオーバー~ というのがピッタリ来るバンドもないと思います。

で、このアルバムは日本で企画されたものと考えて良いのでしょうか、すごく不思議なアルバムです。Hiram Bullock のサイトでも日本コロムビアって書いてあるんですよね。

Hiram Bullock は大阪生まれ、Will Lee は日本でも広く知られ CM ソングまでやっていると、日本が好きな 2 人がいるバンドです。Steve Jordan は The Blues Brothers の映画には出ていないけど Saturday Night Live でドラムを叩いていて、Stones でもドラムを叩いたことがあるはずです。Clifford Carter は Cool and the Gang のメンバー J.T. のアルバムで演奏したりしていますね。

そんな NYC のミュージシャンのバンドで 1980 年頃に、特に日本でひじょうに売れたみたいです(残念ながら、オン・タイムの記憶はない…)。

私は Will Lee のベースが好きでハマったんですが、A-1 の Shoppin' 'Round Again のイントロが大好きだったわけです。Hiram Bullock は Jaco Pastorius のブートレグで(多分)二人ともラリラリなのにもかかわらず、超カッコいい演奏をしていたのは聴いていました。ダメなやつは全然ダメなんだけど…

しかし、Hiram Bullock って痩せているイメージがあったんですが、2008 年に癌で亡くなった時に写真を見たらすごく太っていてびっくりしました。
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://omnivorouslistener.blog.fc2.com/tb.php/87-c6cfcd90
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。