-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-08-23 17:37 | カテゴリ:Steely Dan
さて、いよいよやってきました。Steely Dan ~スティーリー・ダン~ の Aja ~彩(エイジャ)~ です。
無人島に島流しにされるとき、1 枚だけ CD を持って行って良いといわれたら、この Aja か Gaucho にします。そのくらい好きなアルバムです。

Steely Dan / Aja

Steely Dan は、Donald Fagen ~ドナルド・フェイゲン~ と Walter Becker ~ウォルター・ベッカー~ の二人です。初期はバンドでしたが今は違います、と言っても誰も文句は言わないかと。

ジャズ的なコードの使い方、特に「ここで、こうするのか!」という進行は、それだけで Steely Dan になります。そして、すごく不思議な歌詞が乗るのです。演奏は超一流のスタジオ・ミュージシャンをによる、超絶アンサンブルです。覚えているミュージシャンを列挙すると、Chuck Rainey ~チャック・レイニー~、Larry Carlton ~ラリー・カールトン~、Jay Graydon ~ジェイ・グレイドン~、Lee Ritenour ~リー・リトナー~、Steve Gadd ~スティーヴ・ガッド~、Steve Khan ~スティーヴ・カーン~、Michael McDonald ~マイケル・マクドナルド~、Joe Sample ~ジョー・サンプル~、そして、Wayne Shorter ~ウェイン・ショーター~ となります。

あとオタクプロデューサー Gary Katz ~ゲイリー・カッツ~ が重要ですね。

タイトル曲 Aja を初めて聴いたときの感動。20 年以上経った今聴いても感動します。
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://omnivorouslistener.blog.fc2.com/tb.php/46-87f3aee4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。