-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-07-13 08:18 | カテゴリ:Boz Scaggs
Boz Scaggs / Silk Degrees

Boz Scaggs の Silk Degrees といえば AOR を代表する 1 枚。これを聴いたきっかけは TOTO という人も多いと思います。中学生の時に TOTO の Turn Back を聴いて、Bobby Kimball のヴォーカルと Steve Lukather のギター、そして Jeff Porcaro のドラムにはまりました。特に Jeff Porcaro のドラムは Bonzo を感じさせる、すばらしいドラマーでした。私の中で TOTO は 8 割がた Hard Rock バンドです。

で、TOTO のメンバーがバックで演奏しているものを聴いてみたいと思って買ったのが Silk Degrees です。しかし、すばらしい演奏です(当然、歌も良いのですが)。中学生の頃なので、大量にレコードを買うことなんてできなかったので、昔の有名なものを買い、次は最近のものも買って、とかだったので、ラジオでもそんなに聴けないし(たしか札幌で民放 FM が始まったのは高校生の時だったかと)、後から 70 年代後期から 80 年代の音楽を聴くと TOTO サウンドがあふれています。

当時は R&B も知らず、Steve Miller Band も知らない私の中では完璧に AOR = Boz Scaggs となりました。ちなみに日本以外では AOR とは言わず AC ~アダルト・コンテンポラリー~ と呼ばれます。この Silk Degrees を聴いたことで、洋楽では Rock が中心、日本のものでは Fusion を中心に聴いていた(高中がブレイクしていた頃です)のが一気に雑食性になりました。いわゆる POP's とか歌謡曲というものも真剣に(!)聴くようになりました。

Larry Carlton もソロしか聴いていなかったのが、Steely Dan にも広がり、その後の XTC などに繋がっていくのです。本当に Silk Degrees は私を大きく変えたアルバムでした。

このアルバムで一番好きな曲は Harbor Lights ですね。LP だと A 面ラストだったと思います。この曲のベースラインには本当に感動しました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。