-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-09-24 11:54 | カテゴリ:Tommy Bolin
また、アップを忘れていた…

Tommy Bolin ~トミー・ボーリン~ の 2 枚目にしてラストのソロ・アルバム、Private Eyes ~魔性の目~ です。

Tommy Bolin / Private Eyes

Teaser を紹介しているのでそちらにだいぶ書きましたが。

Billy Cobham ~ビリー・コブハム~ の Spectrum ~スペクトラム~ で一躍有名になった Tommy Bolin はアルバム Teaser をつくるのですが、このアルバムの面子はすごいです。しかし邦題は『炎のギタリスト』です。(笑)

Deep Perple の頃もですが、本当にクスリばかりやっていたようでスライドギターしか弾けないような状態になったとか。しかし、このアルバムも Teaser と比べると落ちますが、すごいといえばすごいアルバムです。個人的には“Someday Will Bring Our Love Home”がカッコイイですね。

こんな素晴らしいミュージシャンを破滅に導いてしまうんだから、つくづくクスリというのはコワイものだと思ってしまいます。
スポンサーサイト
2012-08-09 17:20 | カテゴリ:Tommy Bolin
日本では人気が無い TommyBolin のアルバム Teaser です。Monsters of Rock とか書いていたら Rainbow を思い出し、Deep Purple となって Tommy Bolin を紹介しようと思ったのです。

Tommy Bolin / Teaser

Ritchie Blackmore のあとがまとして Deep Purple に加入するも、Ritchie とカラーが違いすぎ、ライブの時は薬でヘロヘロになっている状態で、ファンに受け入れられなかったのでしょう。しかし、Billy Cobham のアルバム Spectrum やこのアルバムに集まっているメンツを見ると、Jazz Rock というか Cross Over よりな人たちから好かれているギタリストのように思えますね。

このアルバムは、David Foster や Jan Hammer、David Sanborn、Jeff Porcaro、Narada Michael Walden、Phil Collins なんてメンバーが参加。凄まじいなぁ。

最終的に、バンドもつくって 2 枚目のアルバムをリリース、その後 Jeff Beck の前座でツアー中に、オーバードーズで亡くなります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。